社交ダンスのひとつの種目であるワルツ。 曲名になっていることも多いので、名前は知っているという人が多いのではないでしょうか? 社交ダンスの中のワルツは、スタンダードという男女が組んで踊る種目のなかで最初に習う人が多い、人気の種目です。

社交ダンスのワルツとは?

実際にワルツの踊りを見てみましょう。

日本インター・プロフェッショナル競技会でのワルツ決勝戦

こちらは(公財)日本ボールルームダンス連盟(JBDF)が主催した2015年日本インターナショナルダンス選手権大会の決勝戦でのワルツの動画です。 優雅でありつつもダイナミックですね。

秋のダンス・クラシック2015にてワルツ・デモンストレーション

また、こちらは秋のダンス・クラシック2015でのアルナス・ビゾーカス&カチューシャ・デミドヴァ組(Arunas Bizokas & Katusha Demidova)のワルツです。 2016年時点で世界三大大会グランドチャンピオンであるアルナス・ビゾーカス&カチューシャ・デミドヴァ組のワルツは、見ていてとても贅沢な気持ちになります。 こちらはデモンストレーションなので、競技会とはまた違った雰囲気がステキですね。

ワルツの歴史

そもそも、ワルツの歴史は深く13世紀ごとからドイツやオーストリアで踊られていました。 当時はヴェラーと呼ばれており、男女が組みながら回転する踊りだったのです。 しかし、時は厳格な13世紀。男女が手をとりあうだなんて汚らわしいとされていたので、ヴェラーは法で取り締まられます。 しかしながら、農民の間では消えることなく踊り伝えられました。 転機となったのは16世紀。 歳を基盤とした市民に伝わり、だんだんと動きはシンプルに優雅になって、今のワルツが出来上がったのです。

ワルツの踊り方

ワルツとひとくちにいっても、スローワルツとヴェニーズワルツ(ウィンナーワルツ)の2種類があります。 日本で一般的にワルツというとユックリとした3拍子のスローワルツがでてきますが、実は海外ではテンポが速いヴェニーズワルツを連想することが多いですね。 ワルツの場合、リズムは3拍子。1拍目のアクセントを感じながら、回転を基礎として優雅に踊っていきます。 リズムに合わせてライズ&ロアーと呼ばれる上下の動きをするのも特徴的です。ライズ&ロアーはライズ&フォールと呼ばれることもあります。 ワルツは感じで円舞曲と書きますが、動画を見れば納得ですね。 美しさや技術を競い合う競技会では、ワルツはスタンダード種目の1種目目にかかることが多い種目です。 そのためカップルの印象を決めますし、スタンダードの花形ともいえる種目なので、思い入れのある競技者も少なくありません。